志 雲より高く

映画「コクリコ坂から 」に出てくる場面で、

ちょっとおもしろいトピックがあったので紹介します。

以下、ネタバレというほどでもないのですが、

オモシロは自分で探したいタイプの方は

読み飛ばしてくださいませ。

カルチェラタンに理事長が入る場面で、

玄関脇に「志 雲より高く」という垂れ幕が見えます。

これ実は、スタジオジブリの玄関前にある石碑の文句と一緒なのです。

そしてその碑文を記したのは、

ジブリ創設者の徳間康快氏で、

「コクリコ坂から」に出てくる理事長のモデルにもなっています。

この「志 雲より高く」は、ジブリのなかで

ちょっとしたキーワードになっていると思われ、

ジブリ作品「紅の豚」のひと場面でも

志をもっと大きく持て!

とかなんとか、、、言葉じりをかえて

でてきたりしています。

こうゆう、内輪ネタ?というのでしょうか

ちょっとしたネタを知ってから映画を見ると

また違ったオモシロさがあって

楽しいかもしれませんね

asahi.com より

小原篤のアニマゲ丼

父子相伝「コクリコ坂から」

2011年7月18日

ワタクシは以前、映画「ゲド戦記」のことを「ゲド苦戦記か」なんて記事に書いた前歴がありまして、その宮崎吾朗監督の第2作「コクリコ坂から」について、慎重を期して試写を2回見た上で正直に書くことにいたします(結末にも触れているのでご注意を!)。この映画には、よいところが一つ、悪いところが二つ、とても面白いところが一つあります。

原作は同名の少女マンガ(高橋千鶴・佐山哲郎作)。脚本は吾朗さんの父・宮崎駿さん(企画も)と丹羽圭子さん。舞台は1963年の横浜。父を亡くし母は長く海外暮らしで、16歳ながら下宿屋を切り盛りする少女・松崎海(メルと呼ばれる)が、高校の新聞部に所属する先輩の風間俊と出会い、文化部の部室が集まった古い建物(通称カルチェラタン)の存続運動や、カルチェラタンの大掃除にかかわるうちに互いにひかれ合うが、俊はメルに、自分たちは異母兄妹だと告げる――という物語です。

~中略~

カルチェラタンに理事長が入る場面で、玄関脇に「志 雲より高く」という垂れ幕が見えます。これ、スタジオジブリの前に立つ碑文の文句。脚本にはないのですが誰のアイデアでしょうか。この碑文を記したジブリ創設者の故・徳間康快氏は、理事長(名は徳丸)のモデルです。古ぼけたカルチェラタン(=ジブリ)を俊(=吾朗さん)らが再生させ、理事長(=創設者)がその継承を承認し祝福するという物語なわけです。船長がメルと俊を彼らの父に成り代わり祝福するのも、同じ構造。この「3人の父」の若き日の写真が物語のカギになっているのですが、思わず邪推してしまいました。「この3人って、宮崎駿さん、高畑勲さん、鈴木敏夫さんなんじゃない?」

吾朗さんは存廃を巡る討論集会のシーンで俊に、脚本にないこんなセリフを言わせます。「古いものを壊すことは過去の記憶を捨てることと同じじゃないのか!?」。そして文庫版「コクリコ坂から」解説にこう書きます。「『コクリコ坂から』をとおして、僕は過去の中から、未来が生まれるのだということを教えられた気がする」。海に消えた父を思い続けていたメルが俊と一緒に帰途につくラスト、脚本にはこうあります。「海は、父を取り戻し、俊と帰るのだ」

吾朗さんが名古屋で会見を開くというので、喜び勇んで質問しました。

~後略~

タイトルとURLをコピーしました