おせち顔

去年の夏ごろから、整体に通っています。
ウラ若き乙女のめがじょが、なんと坐骨神経痛です。

しかも横浜に住んでるくせに、はるばる1時間半かけて池袋の整体院まで行っているのです。
なんでわざわざ池袋まで??と思うかもですが、
それはそこの院長先生のスゴ技と共に、また今度書きますね。

今年は初めて行ったんですが、施術してもらいながら、今年も宜しくてきな世間話の中で
おせち料理の話になりました。そしたら院長先生、
半こすさん家は、おせちとかちゃんと作ってそうな顔ですね。とか
おとそとか、酌み交わしてそうな顔ですね。とか
言ってくれました。

おせち作ってそうな顔・・・?

確かに、おせち作ってます。ママが。全部じゃないけどね。
黒豆とか、栗きんとんとかなますとか、家にある材料でつくれそうなものはね。

自分も手伝います。今年はきんとんの芋を裏ごしているうちに、年が明けました。

院長先生は、不思議な力を持っているとか、そうゆうんじゃないんですけど、
パッと見で、その人がどうゆう人かとかを見抜くような、千里眼てゆうんでしょうか?

たぶん、うちが、ちゃんとしきたりとかを重んじるような、
そうゆう家だとおっしゃりたかったと思うんだけど、
自分の生き方が顔に出るってことですかね。

タイトルとURLをコピーしました